結婚をきっかけに引越しされる方へ

投稿者: | 2015年1月12日

結婚をきっかけに引越し

結婚をきっかけに新生活をはじめる2人にとって気持ちよくスタートさせるめために、引越しはスムーズに済ませましょう。

あなたの引越しはどのタイプですか?

1:二人とも新居へ引越し
2:パートナーの元へ引越し
3:引越し準備のタイミング!

新居

1:二人とも新居へ引越し

お互い新居へ引越しとなり、引越しの費用(料金)も倍くらい掛かるかもしれません。

二人とも同じ市内に住んでいて、隣の市へ引越すなら、引越し業者さんに2箇所回ってもらえば、トラック1台、作業する人も2人で住んでしまうかもしれません。

これなら費用を抑えられるかもしれません。でも、立ち寄ってくれるかは業者さんによりオプションとして用意しているところと、このようなオプションがない業者さんがいるので、事前に確認しておきましょう。

2:パートナーの元へ引越し

引越し作業

パートナーのところに引越すなら、単身引越しになります。単身引越しなら荷物も少なくなり、費用もだいぶ抑えられます。

しかし、通常の単身引越しではないことを理解しておきましょう。

結婚をするので、もしかすると同じものが2つになってしまうかもしれません。パートナーも自分もそれぞれ一人暮らしだったら、家具家電はダブります。

洗濯機、テレビ、電話、エアコンなどはすでにパートナーも持っています。どちらを使ってどちらを捨てるのか決めおかなければなりません。

廃棄するにも、家電リサイクル法があるので処分が面倒です。自分で指定廃棄場所へもって行けばいいのですが、リサイクル券を購入したり、廃棄物の持込をしたりと、かなり手間が掛かります。

これから結婚の準備で忙しくなるので廃棄物まで処分するのは大変です。引越し業者さんでこのような家電の処分も相談してみましょう。若干割高ですが、こういった面倒なことは任せてしまったほうがいいでしょう

引越し準備のタイミング

引越しが決まったなら荷造りは早めにお願いします。

今回の引越しは2人で生活をするための引越しです。一大イベントの結婚式と披露宴があるので、考える割合は結婚9.5:引越し0.5位の割合と言ってもいいくらいです。

そのため最近では結婚式や披露宴をするまえから一緒に生活をするカップルが多くなってきています。一緒に生活をすることで相手のことを理解しようとしています。

結婚となるといろいろな事を決めなければならないので、一緒に乗り切らなければならないことが沢山あります。

婚姻届

結婚すると役所への事務手続きがあれこれあります。転入・転出・転居・婚姻届など、引越ししてから14日以内に済ませなければならないものもあります。

結婚式の後に引越して様々な手続きをしていては、落ち着いて生活できませんし、仕事への影響も出てくるかも知れません。

住むところが決まったなら、早く引越し業者さんを選定して引越してしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です