引越しするなら小田急沿線登戸・向ヶ丘遊園

投稿者: | 2014年12月29日

引越しするなら小田急沿線の登戸や向ヶ丘遊園を検討中の方へ。

引越し 小田急線・南武線の登戸駅周辺

登戸は小田急とJR南武線(立川~川崎)の2路線があり交通の便はいいと思います。

難点は駅前の再開発が進んでいないように見受けられます。

駅周辺には商店街もあり、隣駅の向ヶ丘遊園まで店舗が続いています。

駅周辺は車で入り難く、もし雨の日に駅まで車で送り迎えをしようとしたら大変混雑してしまうでしょう。

狭いんですよね。

登戸は川崎市多摩区になり、駅から徒歩5分位に多摩区市民病院があるので心強いですね。

病院やコンビニ・ATM・駐輪場などがあるかないかって結構重要ですよ。

自分も以前引越した当時はコンビニが一軒もなくて、一番近いところは歩いたら30分掛るほど遠かったです。

小田急登戸駅は急行、多摩急行、準急、区間準急、各駅が停車します。

朝夕のラッシュ時は南武線への乗り換え客も多くわりと混雑します。南武線は川崎方面に向かうと富士通などの大手メーカーの工場や研究所的なものもあるようで結構混雑しています。

引越し 向ヶ丘遊園近辺

登戸の隣駅で歩いても5分位の距離に位置しています。かなり昔ですが、向ヶ丘遊園という遊園地があったんです。

もう遊園地はありませんが、駅名は向ヶ丘遊園です。

専修大学に通う学生さんが利用している駅でもあり、駅周辺は学生さんも多くいます。

ラーメン屋さんも割と多くあるのは学生さんがいるからなんでしょうか。

登戸も向ヶ丘遊園も駅周辺に大きな商業施設はなく、駅前は静かで落ち着いています。

川崎市役所はここからでは遠いので、川崎市多摩区総合庁舎(多摩区役所徒歩5分)を利用して下さい。

214-8570 川崎市多摩区登戸1775-1 電話:044-935-3113

遊園地はなくなってしまいましたが、多摩区には子供が大好きなあのドラえもんの生みの親でもある「藤子・F・不二雄ミュージアム」があるんです。

入館は日時指定の完全予約制です。他には岡本太郎美術館や生田緑地など芸術と自然が楽しめる街になっています。

小田急線新宿駅までは急行で20分から25分程度。南武線登戸駅から川崎駅までは30分から35分程度。

主要な駅まで遠くもなく近くもなく、小田急とJR南武線の2路線が使える登戸・向ヶ丘遊園は地味です。

でも、人ごみが多くてがちゃがちゃした街より絶対に住みやすいです。

私の知人は、東北から上京して25年たちますが、いまだに向ヶ丘遊園に住んでいます。

25年で1度だけ引越しをしました。駅の北口から南口に変えただけ。他に行きたくないそうです。

多摩川がすぐそばにあり、夏は花火大会がありまじかで見られるんです。

引越しを決めたなら見積もりは早めに取りましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です